中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
KHOISAN TEA ルイボス茶
P1150035

南アフリカのお茶といえば、ルイボスティーだ。

ルイボス((Aspalathus linearis、アフリカーンス語:rooibos)は、マメ科のアスパラトゥス属(英語版)の一種(1種)だそうで、針葉樹様の葉を持ち、落葉するときに葉は赤褐色になる。この葉っぱから作られるのがルイボスティーということになるわけだ。

ルイボスは、南アフリカ共和国は西ケープ州のケープタウンの北に広がるセダルバーグ山脈(英語版)一帯にのみ自生する植物で、だからルイボスティーは、南アフリカのみで生産される。

乾燥させた茶を湯で抽出すると、甘みがあり、カフェインを含まず、タンニン濃度もごく低いために、格好の健康茶になる。古くはケープ地方の先住民コイサン人に愛されていたという話であり、だからこの写真にあるように、KHOISAN TEAというブランドが生まれた。

イギリス支配時代は紅茶の代用とされたらしく、たしかに紅茶に似た味わいは、様々なフレバリーティーのベースとしても利用可能だ。


P1150037

最近ではルイボスティーのチャイなどもあって、バリエーションに富んでいるのも面白い。そういえば、日本緑茶センターもキャラメルクリームの味を付けてルイボスティー売っていたのを思い出した。

お茶を飲みすぎて胃を荒らした時、あるいは妊娠期間中でカフェインがよくないという場合にも、このルイボスティーならお茶を飲んだ感覚になれるので、代用品としても十分成り立つ。いまや日本にはルイボスティー専門店なるお店もあるようなので、気軽に覗いてみたいものだ。

P1150039




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。